一級建築士の就職状況

主な就職先としては、建築設計事務所やゼネコンがあげられます。 建築設計事務所に就職後、さらに経験を積み、独立開業する人も多いです。

大手ゼネコンでは、意匠・構造・積算・工事など業務ごとに分かれており、得意分野で関連資格を取得するなどして、さらなるキャリアアップが期待できます。

他には、ハウスメーカーや工務店、住宅会社などで、プランニングや設計開発、施工などを担当することも。不動産会社やディベロッパーに就職して企画やコンサルティングにあたる人、公務員として確認審査の業務を行う人や、公共建築の企画・設計に関わる人もいます。業界全体の技術向上を目指し、建築関係の大学で研究に打ち込む建築士もいます。また後進となる人材を育てるべく、大学や専門学校で講師を務める人も。

なお、建物の安全性への関心の高まりを受け、住宅性能評価や耐震診断などの仕事も増えていることにも注目したいポイントです。

一人でマルチにこなす人から、組織の中で、得意分野に打ち込む人まで。幅広い知識と経験を必要とする国家資格だけに、建築分野だけでなく幅広い分野で、一級建築士の有資格者が活躍しています。

メールマガジン登録(月1回発行)

メールアドレス (必須)
一級建築士になるには

一級建築士・建築資格の通信教育、通信講座のことなら